機械で歯垢や歯石を取る

クリーニングを受けよう

定期検診では、歯のクリーニングを受けられます。
専用の器具を使いどんな汚れでも落とし、口腔内が綺麗な状態になります。
普段の自宅で行っている歯磨きだけで満足している人が見られますが、それだけでは全体の半分ほどの汚れしか落とせていません。
本格的に口腔内のケアをしたいなら、歯医者で受けるクリーニングが欠かせません。

定期検診は、3か月に1回のペースで行くのが良い方法です。
仕事が忙しくて休みを取れるか不安な人でも、そのぐらいのペースだったら通い続けられると思います。
最近は休日でも診察を受け付けている歯医者が増えているので、利用しやすい歯医者を見つけてください。
定期検診の時に、口腔内で気になることがあれば何でも相談しましょう。

汚れが付きにくくなる

歯磨き粉やマウスウォッシュのパッケージを見ると、フッ素が含まれていると書かれている製品が多いです。
フッ素を歯にコーティングすることで、汚れが付きにくくなる効果があります。
フッ素が含まれる歯磨き粉やマウスウォッシュを使うのも良いですが、歯医者で直接歯に塗ってもらった方が大きな効果を発揮できるので、クリーニングのあとにお願いしましょう。

クリーニング後も毎日の歯磨きはしっかり行ってください。
フッ素を塗っているから大丈夫だと油断すると、歯に汚れが溜まり虫歯を発症してしまいます。
虫歯だけでなく歯周病などの病気も併発し、歯を失うかもしれません。
フッ素はあくまでも補助的な役割を果たす存在で、普段の歯磨きは必要だと理解しましょう。


この記事をシェアする