積極的に歯医者に行こう

チェックを受けよう

普段から、歯医者の定期検診に行った方が良いと言われています。
その理由は、自分が虫歯などの病気になっていないか医師に確認してもらうためです。
大抵は虫歯になったら歯茎から血が出たり、痛みを感じたりする症状が出ると思っており、痛みが発生してから歯医者に行っていた人が多いことでしょう。
確かに身体からサインが出ますが、その頃は悪化している可能性が高いです。

その前の段階で虫歯に気づき、治療を開始できるよう検診に行きましょう。
検診では、医師が隅々までチェックしてくれます。
おすすめは、ベテランの医師に検診を任せることです。
経験が豊富な医師なら、どんな異変でも見逃しません。
逆に新人はまだ知識が浅く、虫歯に気づけないかもしれないので注意しましょう。

負担が減るメリット

口腔内に異変を感じても、歯医者での治療が怖くてなかなか歯医者に行けない人がいると思います。
そのような人こそ、定期検診が必要です。
虫歯の初期症状に気づき、すぐ治療を開始することで痛みが少なくなるメリットが生まれます。
悪化するとそれだけ大掛かりな治療が必要になりますし、痛みも大きくなるので負担になります。

こまめに検診に行き、初期症状で治療できるよう努力してください。
悪化した場合は、治療が完了するまでに時間が掛かります。
たくさん虫歯になっている歯があれば、数か月に及ぶと覚えておきましょう。
まだ発症したばかりの虫歯が1本だけある際は、1回程度で治療が済みます。
回数が少ないほど治療費を削減できる面もメリットですね。


この記事をシェアする